今度、34年ぶりに帰って来た白鳥麗子です。宮沢りえ演じる、“白鳥麗子”が母親役で!新TVCF「三井のリハウス」

デジタルリマスターで蘇った34年前のTVCF動画もWebサイトにて同時公開!

1987年、その美しい少女は、突然、綺羅星の如く現れました。「今度、朝日ヶ丘にリハウスして来ました、白鳥麗子です」と礼儀正しく挨拶をしてくれた彼女は、一瞬のうちに日本中に名前を広めていった。”白鳥麗子って誰?” “リハウスってなんなんだ?”衝撃とも言える彼女の登場は、世間をざわつかせました。

あれから34年、白鳥麗子は中学生の娘を持つお母さんとしてリハウスして来ました。

「三井のリハウス」の新 TVCF には、宮沢りえ演じる白鳥麗子が 34 年の時 を経て帰ってきました。母親となり “住みかえ”をして、当時住んでいた街(朝日ヶ丘)に戻ってきた白鳥麗子が、「リハウスしよう」のメッセージとともに、中学生の娘や友人に「リハウス」の魅力と “住みかえ”に大 切な出会いを伝えていく内容となっています。また、「リハウスって何?」篇では、現在と 34 年前の白鳥麗子の共演が実現。白鳥麗子の娘役には、2021年にデビューした今注目の女優、近藤華を起用。また、「三井のリハウス」「三井不動産グループ」のナレーションも宮沢りえが担当。6 月 4 日(金) から不動産仲介サービスブランド「三井のリハウス」の新TVCF「リハウスって何?」篇、「家を売るって大 変?」篇を全国にて放映開始となります。
「三井のリハウス」のWebサイト では、新TVCFに加えてデジタルリマスターで鮮やかに蘇った、1987 年放映の TVCF も公開しています。

■TVCFストーリー
「リハウスって何?」篇では、“住みかえ”で以前の街に戻った白鳥麗子が、中学生の娘にリハウスをしたことやリハウスの仕事をわかりやすく説明します。「家を売るって大変?」篇では“住みかえ”を検討している友人に、リハウス経験者でもある白鳥麗子からアドバイスを送ります。
■TVCF概要
・タイトル 
三井のリハウス「リハウスって何?」篇(30秒バージョン・15秒バージョン)
三井のリハウス「家を売るって大変?」篇(30秒バージョン・15秒バージョン)
・放映予定 2021年6月4日(金)~

公開URL
https://www.rehouse.co.jp/cmgallery/cm4.html

1987年放映「三井リハウス」TVCF

■宮沢りえ インタビュー抜粋
「初めてセリフというものをいただいて、本当に緊張したことを覚えています。手も膝も震えていて撮影が終わった後は、絶対女優さんにはなれないと思っていました。私という人間が認識された初めてのTVCFだったと思います。今回34年ぶりに白鳥麗子を演じて、34年間も自分はこの仕事をやってきたのだと思いましたし、とても思い出に残る撮影になりました」

宮沢りえ プロフィール(白鳥麗子役)
1973年生まれ。11歳でモデルデビュー。87年、初代リハウスガールとして、白鳥麗子役で登場した「三井のリハウス」CFで一躍注目を浴びる。翌年、初主演映画「ぼくらの七日間戦争」で日本アカデミー賞新人賞を受賞。以降、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ、数々の映画賞に輝く。圧倒的な存在感で、映画、舞台、テレビドラマ、CMと多方面で活躍している。

近藤華 プロフィール(白鳥麗子の娘役)
2007年生まれ。2021年4月にデビューした、今後が期待される新人女優。

・近藤華公式インスタグラム 
@hanakondo_official

このたび、三井不動産リアルティは、2020年度の全国売買仲介取扱件数が38,507件となり、1986年度から2020年度まで35年連続の全国No.1となりました。また、1975年の事業開始以来の累積売買仲介取扱件数が、100万件を突破いたしました。※
今後も、住まいや街の価値を活かして、お客さまが抱えるさまざまな課題を解決するお手伝いをしていくことで、お客さまの暮らしのより豊かな未来の実現に貢献してまいります。

※詳細は、当社リリース「全国売買仲介取扱件数、35年連続でNo.1を達成」
https://www.mf-realty.jp/news/2021/20210603_01.html)をご覧ください。
Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。