MLBのスーパースター大谷翔平選手とメモラビリア領域における独占パートナーシップ契約をファナティクスが締結

日本人初、世界のスターアスリート陣への仲間入り

大谷翔平選手の勢いが止まりません。大リーグのオールスターにも二刀流で出場し、ますますその活躍に期待が集まります。
世界が認めたプロスポーツ選手たちのグッズを手がけるファナティクスが、大谷翔平選手と複数年の独占パートナーシップを締結。今後、ファナティクスのメモラビリア・コレクション部門である「ファナティクス・オーセンティック」の契約スターアスリート陣に仲間入りすることとなります。大谷選手のサイン入り、コレクタブル、メモラビリア領域のファングッズの独占的な供給元として、これまでになかった大谷グッズを幅広く世に届けることができるようになります。大谷選手コレクションの中には、バット、ユニフォーム、写真、試合球など、実際に大谷選手が試合で使ったアイテムも含まれます。

この契約締結に対して大谷選手は「ファナティクスの独占契約アスリートの一員になれたことをとても光栄に思います。同社の世界的なネットワークによって、米国及び日本両国におけるファンに、素晴らしい商品をより多く届けることができるようになります」と述べ、この契約がいかに大きな意義を持つのかが理解できます。

ロサンゼルス・エンゼルスで先発投手並びに打者の両方で活躍する大谷選手は、スポーツ界を見渡しても最も多才かつエキサイティングな選手の一人と言えます。大谷選手は、北海道日本ハムファイターズで活躍後、2018年に待望のMLBデビューを果たし、同年にはアメリカン・リーグの新人王を獲得するなどの活躍をみせました。MLBでのキャリアはまだ短いものの、大谷選手は投打で活躍を見せており、MLBで過去5名しかいない‘100奪三振、60本塁打’を同時に達成した選手の一人となっています。
大谷選手は、アーロン・ジャッジ、ムーキー・ベッツ、ピート・アロンソ、トム・ブレイディー、アンソニー・リッゾ、トレバー・ローレンス、ザイオン・ウィリアムソンといったファナティクスが独占パートナーシップ契約を締結している「ファナティクス・オーセンティック」のスター軍団の仲間入りを果たすこととなりました。大谷選手のフルコレクションは、ファナティクス並びにMLB公式オンラインストアで購入できるようになります。

【Fanatics Inc.】

本社: アメリカ合衆国フロリダ州ジャクソンビル
Executive Chairman: Michael Rubin(マイケル・ルービン)
CEO: Doug Mack(ダグ・マック)
事業内容: オフィシャルスポーツライセンスのアパレル商品・グッズの製造および流通、メジャースポーツリーグ、プロチーム、大学チームなどのオンラインストアおよびリテールショップの運営など
https://fanaticsinc.com/

Fanatics Japan G.K.
https://fanaticsinc.com/japan/ 

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。