生で食べられるハラミの衝撃。極上ホルモン創作料理専門店が大井町に誕生!”ザ・ホルモンクラブ・トウキョウ”

煙まみれ、セルフサービスのホルモン屋とは一線を画す、画期的なホルモン料理専門レストラン!

あなたは、生でハラミを食べたことがありますか?
最高ランクの黒毛和牛からしか取れない「極上ハラミ」は、生で食べられるほど鮮度の高い特級品。
そのテクスチャーは、シルクのようにきめ細かくなめらかな舌ざわり。口の中の温度だけで芳醇な脂が溶けていって、良質な和牛の香りに身も心も包まれていきます。この極上ハラミを筆頭に、タンやハツ、レバー、ホホ肉、テールといった、赤身のホルモンに特化したメニューを楽しめるのが、「ザ・ホルモンクラブ・トウキョウ」。
この4月に東京・大井町にオープンしたばかりで、特上ランクの和牛からしか得られない「極上ハラミ 」などを、生で食べることができます。
芝浦市場より直接厳選して仕入れた極上和牛ホルモンは、銀座や六本木の高級焼肉店で使用されているものと同等の最高品質です。

内臓自体の質がきわめて高く、また鮮度の高さが段違いのため、臭みがほぼありません。シェフ神谷は、この点に着目。フレンチイタリアン10年の経験を活かし、自由な発想で、刺身のほかにも、ハツを香ばしく焼き上げたローストや、牛ホホ肉で作ったコンビーフを挟んだハンバーガーなど、従来のホルモン料理の枠にはとらわれない、バリエーション豊かなメニューを考案しました。

自慢のメニューのなかでも、特に自信を持ってオススメしたいのがハラミ。現在、国内で流通しているハラミは、冷凍で輸入されたものが大半です。そのままの状態では固く、血生臭さもあるので、食べやすくするには包丁を多く入れたり、タレに漬け込むといった加工が必要になります。
しかし「ザ・ホルモンクラブ・トウキョウ」では、質にこだわって厳選した、冷蔵の国産和牛のみを使用。その鮮度の高さは、刺身で食べることができるほどなのです。

銀座や六本木の高級焼肉店で使用されているものと同等の、「極上ハラミ」です。この極上ハラミが真価を発揮するスペシャリテ「赤身ホルモンの刺身 5点盛り」は、絶対に食べていただきたい一皿。
ハツ、ハラミ、タンなど、その日のオススメを、最も新鮮な状態で食べていただきます。部位別に、ワサビ醤油やカラシなど、最適な調味料を添えました。ハラミやタンを生で!?と思われるかもしれませんが、食品衛生法上では問題ありません。
もちろん事前に保健所の確認を取り、提供時には鮮度をしっかりコントロールしていますので、ご安心ください。
また極上ハラミは、シンプルなグリル焼きもオススメ。200gのかたまりを、あえてレア気味に焼くことで、口いっぱいに芳醇な脂が広がり、上質な和牛の香りに身も心も満たされます。食感も、しっかりとした歯ごたえがありながら、噛めば口の中ですっと溶けていくような感覚。

プレオープンにお越しいただいたお客様のなかには、「今まで知っていたハラミはなんだったの?」と、ハラミの概念が永遠に変わってしまった方も。
これらのバラエティ豊かなメニューを生み出すのが、シェフの神谷桂吾。神谷は、フレンチとイタリアンを中心に10年以上のキャリアを積み、豪快な肉料理から、季節の旬を活かした繊細な一皿まで、あらゆる味覚を操るオールラウンダーです。

ザ・ホルモンクラブ・トウキョウ
https://www.instagram.com/theholmonclubtokyo/
https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13256054

Smooth Life Magazine
こんにちは。スムースライフマガジンです。みなさんの生活をもっと楽しく便利にする新しいニュースをお届けします。